2014年09月27日

iphone6にMNPする際のauの下取りの端末条件って?

MNP特価がなかなか出てこないですね。

来月満期を迎える回線があるのですが、auのiphone6へMNPしてカケホーダイ回線を作ろうかどうか迷ってます。auの下取りが結構な額なので利用すべきだと思ってますが、下取りの対象端末について詳しい条件とかが不明でした。ちょっとauショップで聞いてきました。

MNPの時の下取りキャンペーン名は、「auにかえる割 Plus 下取りキャンペーン」です。なんかややこしい名前です。

で、検証したいのはこの部分、、、

<auサイトに記載されている端末の条件など>
★2 店頭にて下取りできない例は以下の通りです。(iPhoneの場合)
@電源が入らない
A充電を行っても充電ランプが点灯しない
B電話機本体や液晶に破損や割れがある
C暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
Dメーカー指定箇所の水漏れシールに水漏れ反応がある
E製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合
Fご契約者が下取り対象機種の所有権を有さない端末
Gネットワーク利用制限(不正契約・不正取得端末利用制限)されている端末(各社「ネットワーク利用制限」ホームページより確認可能)※端末により確認方法や項目が異なる場合があります。
★3 下取り対象機種は現在ご利用の機種が対象となります。下取り機種とご購入機種のモデルが同一の場合は容量が異なった場合でも下取りはお受けできません。

梅田地下街のauショップ店員さんに聞いてみました。
・通常に使用できるレベルならOK。
・どんなに古いガラケーでもOK。
・付属品は不要で本体のみでOK。
まあ、ここまでは想定内なのですが、「★3 下取り対象機種は現在ご利用の機種が対象となります。」の部分がいまいちよく分からないのでつっこんで聞いてみました。
「MNPする前に使っていた端末が対象となります」の1点ばりでした。オークション等で購入した白ロムは不可と言われました。対象ではない端末だった場合、後日返還請求されるそうです。あとからどのように返還請求するかの方法も未定らしいです。
でも、それをどうやって証明するのかを聞いてみましたが、ちゃんと回答してくれませんでした。転出元へいちいち問い合わせし端末番号等で個人名を照合するのでしょうか。個人情報が厳しいこのご時勢にちょっと考えにくいです。たぶん端末が下取り時に正常動作すれば成立するとは思います。たぶん。

auは古いガラケーやスマホだと24,840円分の下取りですが、仕入値から考えると、これらを下取りに出すのが一番利益率が高くなりそうです。

この件もサポート電話やショップによって違いが出てきそうです。
もうちょっと情報を集めてみます。。。
posted by k3 at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | MNP情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。たぶんわからないでしょうね。でも、あまりボロでもバレバレなので3円運用のガラケーもっていきます。
Posted by at 2014年09月27日 08:46
コメントありがとうございます。
そうなんです。あまり情報なくて不明な点が多い下取りですが、まあ見た目が普通なら大丈夫だと思います。
Posted by k3 at 2014年10月05日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。