2015年08月30日

docomoの家族まとめて割の特典1、特典2の謎解明!!

久々の更新です。
なかなかネタがなくて。。。

ちょっとおおげさなタイトルになってしまいましたが、家族まとめて割の特典1と特典2の謎がかなり解けました。サポートに電話して丁寧に解説してもらえたので合っていると思います。

mainimage672px.jpg


「ドコモの家族まとめて割」という説明の少ないキャンペーン、ほんと悩まされました。ショップ店員も知らないとかサポート窓口の担当者によっても分からないという不安要素だらけのキャンペーンです。以前の記事で記載したものと合わせながら書かせていただきます。

<特典1の適用条件>
・iphone6等の月々サポート付き端末を同一店舗で2台以上新規契約(MNPでなくてもOK)もしくは機種変更。
・同一店舗において、同時に対象機種を購入。
・シェアグループ加入。購入時に既に持っていた主回線に追加することでもOK。

ここで特典1を受けれる状態で、割引を受けなかった場合、請求書還元が受けれます。後で割引を受ける場合は、後述の判定日に条件をクリアしておく必要があります。店舗の特典と絡めて契約した場合にその場での割引より請求書還元の方がお得になる場合があるので、そちらを選択している場合もあると思います。(実際にはあまり例はないかな)

<特典2の適用条件>
・特典1を受けていること。
・加入しているシェア主回線がシェアパック15以上であること。
・判定日にある条件をクリアしていること。

<判定日について>
特典1も特典2も、購入月の翌々月の1日となります。
例えば6月契約の場合、特典1、特典2ともに判定日は8月1日となります。
その判定日に、特典1を適用させた回線のうち1つが、カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「データプラン(スマホ/タブ)」であることが条件となります。つまり、セットとなる2回線(3回線以上も)のうち、1回線がカケホーダイかデータプラン(スマホ/タブ)であればOKです。すべての回線をデータプランのルータにしているとアウトです。2日以降にルータにするのはOKですが、1日だけは条件をクリアしておけばOKです。判定日までルータにしていてもOKです。判定日だけを乗り切ればOKという意外な条件です。

<割引適用>
適用は判定日の月分からとなります。月末にはサポート窓口(電話)でも確認できるようになります。昨日確認しましたが「適用されています」との回答を受けました。ネット上で確認できるのは請求額確定後になると思います。待っている間はほんと不安です。

<割引の延長について>
適用された割引が1回の請求内で使いきれなかった場合、その余りは翌月以降に順次適用されていきます。
判定日に条件をクリアしていれば、その後は割引が消えることはないとのことです。判定日クリア後はパケット10やルータ化OKです。このあたりが不安でしたが、昨日サポートに確認できて安心しました。iphone6の月々サポートが複数あると主回線がかなり安くなってしまっているので、割引を使い切るのに何か月もかかりそうですね。

来月からドコモも渋くなってくるみたいですね。

今、mineoのキャンペーンが熱いみたいです。ドコモ回線なら9ヶ月800円割引されるそうです。9ヶ月にするには先行予約しておく必要があります。8/31までなのでお急ぎを。予約だけしておいて、契約しなくても大丈夫そうなので、とりあえず予約だけしておいて契約するかどうかを考えるのは後でも良さそうです。
このmineoの利点は途中でデータから音声に変えても期間継続されるので、MNP可能な1年後に音声に変えて即MNPも可能だという部分です。で、今回のキャンペーンを絡ませると結構安上がりで実用性もあるMNP弾を作れると思います。


一応2回線申込みました。
アマゾンかyodobashiでエントリーパッケージ購入が安く済むと思います。
posted by k3 at 13:55| Comment(3) | TrackBack(0) | お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セットすべてがカケホかデータ(スマホ タブ)でないと特典2は適応されないと回答されました。条件適応がめんどうすぎます(^-^;
Posted by sato at 2015年09月03日 15:48
コメント、情報ありがとうございます。
対象回線すべてという説もありますね。私の場合は2回線で特典1を適用させたので分かりやすかったのだと思います。3回線以上でまとめて契約した場合は悩ましいですね。ドコモのサイトを見ると特典の説明が9月1日からの記載になってました。またどこか変わってるかもしれませんね。ほんと分かりにくいです。
いま、月々サポートの剰余分と特典2の還元分のどちらが優先されるのかの疑問が出てきました。特典2で割引きしきれない月は、子回線の月々サポート剰余分が主回線への加算されない可能性もあります。まだ請求書では確認できてなくて。まさか消えないとは思いますが。消えたらキツイですよね。またわかり次第報告させていただきます。
Posted by k3 at 2015年09月03日 22:13
返信ありがとうございます。ほんと解かりにくくて困ります。151に電話して聞いたんですがオペ「複数とは書いてないので大丈夫だと思いますが一応確認します。」数分後、オペ「すべてのまとめて割回線で判定日はカケホーダイ、データプラン(スマホ/タブ)が必要です」書いてなくてもそれがドコモルールなんだそうです。今月データプラン(スマホ/タブ)にして判定日移行にデータプラン(ルータ)にすれば適応されると思いますがそこまでするのもどうかなぁと思います。
普通に考えたら月サポ剰余が優先かとおもいます。これで消えるようならドコモダメでしょ。
Posted by sato at 2015年09月03日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425041468
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。