2013年01月29日

MNPする際の注意点

MNPを行う際に注意するのは下記の3点です。

・MNP時の契約条件の確認(端末代金、加入オプション、契約内容)
・キャッシュバック、ポイントバックの確認
・MNP後の契約変更(オプション外し、プラン変更)

そして、
MNP諸経費+2年間維持した場合の費用 < MNPした際の特典(端末、キャッシュバック)

の図式になればOKです。
激安回線取得や最新端末が目的であれば、多少マイナスが出てもいいと思います。
普通に買うことを考えれば相当なお得感はあると思います。

店舗のキャンペーンだけではなく、オークションなどで販売されているクーポンも有効に使っていきましょう。
手間はかかりますが、安く端末を買えます。
ドコモの新規、機種変更クーポン、ディズニー端末用クーポン、ソフトバンクの株主クーポンなどがあります。

あまり欲張らず、激安回線が欲しいのか、端末が欲しいのかを決めて、狙っていきましょう。
2月、3月はお得な案件が出てくるので、家電量販店をメインに週末は散策しましょう!

 
posted by k3 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | MNP情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

GALAXY S III α SC-03E が超狙い目

このところ、各家電量販店で、「GALAXY S III α SC-03E」がめちゃ安くなってます。
MNP一括価格で0円や9800円が出ているようです。

この価格ならプリペイド等からの解除料金を考慮してもかなりお得です。
激安回線が欲しい方には超ベストな案件です。
「GALAXY S III α SC-03E」は月々サポートが3,675円/月です。

早速友人が契約してきました。
激安回線ゲットを狙っていきました。

まず、手持ちのsoftbankのプリペイドからMNPします。
softbankの窓口でMNP転出の手続きを行い、
ここで
・契約解除料 9,975円
・MNP転出料 2,100円
が発生します。

次に目的のショップに行ってMNPでドコモを契約します。
softbankでもらった転出番号を記入して契約を進めます。
価格が一括を再確認して、オプション等も再確認します。
オプション等は運よく初月無料のものだけでした。
2年縛りとパケットフラットは必須でしたが。

1ヶ月目のドコモの契約はこうなります。

<1ヶ月目>
・端末代金一括 0円
・事務手数料 3,150円
・タイプXiにねん 780円
・spモード 315円
・Xiパケ・ホーダイライト 4,935円
Xiパケ・ホーダイ ダブル Xiデータプラン2 にねん 日割り ?円 ※後述
・ユニバーサルサービス料 3円
・月々サポート -3,675円
合計 5,508円

このままでは毎月費用結構かかるので、激安回線を作るために音声プランからデータプランに変更します。
データプランに変更すると電話ができませんが、パケット定額が安くなります。
電話は、ガラケーやskype,050plus等を使うこともできますので、問題なしです。
ネット用の2台持ちを前提にしてます。
最近では、ガラケーとスマホの2台持ちのほうがコストが安くなります。

で、データプランに変更していきます。
ドコモショップ窓口に行くか、「151」に電話して契約変更します。
最初は窓口のほうがいろいろ確認しながらできるのでいいかと思います。

データプランへ変更するには、契約した同じ月内にまず「Xiデータプラン2 にねん」に変更します。
さらにその翌月からは、「Xiデータプラン ライト にねん」になるように予約変更を行います。
これらはドコモショップにて同時に依頼できます。
Xiデータプラン2 にねん」は使用しなければ日割りになるので、初月はパケットを使わないのがベストです。

Xiデータプラン2 にねん」になぜ当月に付けるのか、来月でもいいのでは? 、という意見があると思います。
その理由は、音声からデータプランへ変更すると2年縛りがリセットされるからです。
もし、端末購入の翌月にデータプランに変更してしまうと、2年縛り後の解約可能月が1ヶ月伸びてしまいます。
そうなると、最終月には月々サポートがなくなります。これはちょっと痛いですよね。
そのために購入と同じ月にデータプランに変更します。日割りになるので、月末なら費用は数百円になると思います。

さらに、データプランに良いところは、今なら、「Xiデータプラン ライト割」があり、
「Xiデータプラン ライト にねん」が月額4,935円 → 月額3,980円になります。

<2ヶ月目以降>
Xiデータプラン ライト にねん 3,980円
spモード 315円
ユニバーサルサービス料 3円
月々サポート -3,675円
合計 623円

毎月623円でパケット定額の完成です。
いいですねー。
普通の人は5,000円とか6,000円支払っているところを毎月623円で済むのですから。

ただ、3G規制があり、ご利用のデータ量が3GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになります。
まあ普通にネットやメールをしているレベルでは、3GBは超えないです。
超えても128kbpsになるだけなので、通信できなくなるわけではないので大丈夫です。

あと、注意したいのは、2年後には月々サポートがなくなるので、解約する必要があります。
解約できる月の前月は月々サポートがないので、その前月には、
Xiデータプラン ライト にねん」を「Xiデータプラン2 にねん(月額2,500円)」に変更しておきます。
で、解約月の前月はSPモードも外して、パケット通信は使用しません。
これで月々サポートの無い月は2,500円+ユニバーサル3円のみで済みます。

具体的に言うと、
2013年1月中旬に契約
 → 2014年12月中に「2015年1月1日から Xiデータプラン2 にねん になるように変更予約
 → 2015年1月1日にSPモード解約。1月はパケットを使わない。
 → 2015年2月1日に回線契約を解約。もしくは音声(2年縛りのないプラン)に変更してMNPを狙う。

このあたり、2年が近づいたらご自身でもご確認ください。
たぶん合っていると思いますが。契約解除料が不要の解約可能月は1ヶ月間だけなので慎重に。
(もし、1月1日に契約をした場合は、解約可能月は1月になります。)

なお、データから音声に契約変更すると契約期間がリセットされます。
2年縛りのカウントが1ヶ月からに戻りますので注意。

購入した「GALAXY S III α SC-03E」を使わずに売却しました。
新品として、35,000円で売れました。
softbankへの支払いと初月コストを差し引きしても、21,617円ほどのプラスになりました。
(初月のXiデータプラン2 にねん日割り分は含んでいません。)
これで、自分の欲しい端末をヤフオクで購入します。
2万あればそこそこのスマホが手に入ります。

こうして激安回線とスマホをただで手に入れることになります。
今回は、MNPの効果が非常に分かりやすい例でした。

posted by k3 at 10:04| Comment(3) | TrackBack(0) | MNP情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

MNP向けの回線について

安く端末を手に入れたり、激安で回線を維持するにはMNPが必須となりますが、どのような方法があるのかまとめてみます。

<MNP向け回線>
・ソフトバンク プリモバイル
・au ぷりペイド
・ドコモ 2in1

他にもイーモバイルとかも可能ですが、実践的なものは上記3つだと思います。
それぞれMNPするまでの具体的な金額を計算してみます。

<ソフトバンク プリモバイル>
オンラインショップで一番安い「740SC」を購入したとします。
・端末購入代金 5,079円
(3000円分の通話料含む)
・契約解除料 9,975円
・MNP転出料 2,100円
・端末売却(予想) -2,000円
合計 14,154円

契約後1年以内なら上記の金額となりますが、1年経てば契約解除料9,975円は不要となり、4,179円でMNP弾が作れます。
MNPができる期間は、13〜14ヶ月目の2か月間のみとなるので注意してください。
あと、通話を1回もしていないとMNPできないという噂もありますので、一応通話(回線利用)をしておいてください。
MNP手続きはソフトバンクの店頭でしかできません。店頭で契約解除料とMNP転出料を支払います。15日間以内に乗り換えしなかった場合は返金してもらえます。

プリモバイルは下記から簡単に契約できます。
ページ中央に「プリモバイル」ページへのリンクがあります。
bnr_top_premobile.jpg



<au ぷりペイド>
端末をauショップに持ち込んで通話料をチャージしてもらう形になります。
ガラケー等を持っていることを前提とします。もし持っていない場合は端末購入費が別途必要です。
友人にちょっと借りてもいいと思います。金券ショップやヤフオクでも安く買えます。プリペイドに対応していない機種もありますので、あまり古いのはやめといたほうがいいです。(Cメールが使えない機種はぷりペイド契約できないらしい)

・端末購入代金 別途
・事務手数料 4,200円
・チャージ 3,000円
・MNP転出料 2,100円
合計 9,300円

ぷりペイド契約は2年縛りではないので違約金は発生しません。
au端末を持っていればこちらがベストかもしれません。
通常のMNPだと15日間以内に乗り換えしなかった場合、手数料は取られず戻ってきます。
auぷりペイドは店頭でMNP予約をした時点で2,100円をその場で支払います。
もし15日間以内にMNPしなければ予約は無効になり、お金も戻ってきません。
MNPができる期間は、通話可能期間60日+再登録可能期間90日=120日(約4ヶ月)以内です。
チャージすればこの期間は延長できます。



<ドコモ 2in1>
FOAMを音声で契約している回線のみにつけることができます。
手持ちの携帯電話番号にもう1つ電話番号を付けることができます。この追加した番号のみをMNPに利用できます。
同一名義オプションで加入すれば申込時の手数料はかかりません。

・基本使用料 月額840円
・MNP転出料 2,100円
合計 2,940円

かなり安いです。途中解約(MNP)した場合は、月額費用は日割りされます。
即日MNPでもブラックリストにならないそうですが、少し期間を空けたほうが無難です。この2in1は1年に1回にしておきましょう。
あまりに有利なので、いずれは2in1はMNP不可になるのではと思います。


上記3種とも、即日、翌日とMNPは可能ですが、できれば期間を空けたほうが無難です。ブラックリストになる可能性がありますので。目安としては、それぞれ90日くらい空ければ安全という噂です。いろいろと変化しているらしく、確実な数字は読みにくいです。ただ、ドコモは、長期(数年?)回線を持っていると優良顧客と見なされ、ブラックになりにくいという話は聞いています。
通常の手持ち回線からMNPもいいと思いますが、iphone系は短期MNPはブラックになりやすいらしいです。


MNPに挑むときは、余裕を持っていきましょう!

 
posted by k3 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | MNP情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。